Hisonyan’s blog

語彙力無く好きだと叫んでいる一銭にもならないブログ

フレディが実写映画されたのなら

ボヘミアンラプソディとアイトーニャを観て、こういうドキュメントなのかフィクションなのかよくわかんない映画をもっと観たくなってしまった人間の戯言の映画妄想です。
既にあるよなんて言わないでくれ。
伝記映画が史実通りじゃない問題に関しては、フレディの場合「ありのままの自分を見てくれなんて思わない。みんなには僕という人間やそのイメージを、それぞれの解釈で作り上げて欲しい。」と自分でも思ってそう言ってるんだから神話でいいじゃん派です。
アイトーニャのは「羅生門効果」っていうらしいですね。

カリスマを尊敬の目でみつめる若カリスマ

マイケルジャクソン
仮題「We are the children」
実写だと肌の色カリスマ性手足の長さダンスの上手さどの点でもキャスティングが難しすぎるためアニメ映画。マイケルもアニメ映画好きだったし。
ネトフリ感も凄いけど昨今のディズニーも作りかねない。ピーターパンと絡めたマイケルジャクソン伝記作ってくれ。。!
映画を見た感想は「史実と違う」「アニメより実際の映像のマイケルの方がカッコいい」「世界が平和になるように行動しようと思いました。」の三種類に分かれる。

三島由紀夫
仮題「薔薇色の人生」
美輪明宏石原慎太郎のお二人がご存命のうちはやはり難しいだろうが、妄想が楽しい。水木しげるのかく三島由紀夫が好きなんだ。。
(ラストはハラキリによる赤で終わる)

織田信長
仮題「燃える野望!」
おぼっちゃまだったり宴(ライブ)で女物の着物着てたりカリスマだったり気性が荒かったり口髭はやして女性と結婚しているゴリゴリの男色家だったり異国の文化ではしゃいだり、、私は戦国時代のフレディマーキュリーと呼んでます。(双方のファンの怒りを買いそう。)森乱丸といい弥助の件といいエピソードとして映画映えしそう。弥助さんは映画化するらしいですね。

カニ
仮題「美しくも陰鬱かつ邪悪なる幻想を生み出した男の伝説」
カニエなら生きてるうちに自分の伝記を創作してもおかしくない。スペシャルサンクスは勿論キムとお母様。こちらもアニメ映画。「俺もキムも人間には演じらんねぇだろ」という本人たっての希望で。(日本のアニメ映画の巨匠協力のもとアメリカで作られる)

エルトンジョン
題「ロケットマン
これは妄想ではなく現在製作中。単なる伝記映画ではなく、「実際の空想に基づく(BASED ON A TRUE FANTASY)」映画。人間が宙に浮いたりする。2019年5月17日米公開予定。